「静鉄との思い出」エピソード集

バスの運転手さん
まろん様
小学生の頃、一部の区間を静鉄バスで通学していました。毎朝、優しく行ってらっしゃいと声をかけてくれた運転手さんの事を今でも... 続きを読む

バスの運転手さん

まろん様

小学生の頃、一部の区間を静鉄バスで通学していました。毎朝、優しく行ってらっしゃいと声をかけてくれた運転手さんの事を今でもよく覚えています。
大人になり、通勤するときもやはり静鉄バスを利用していました。
ある日、ふとバスの中で運転手さんの名札に目が行きました。なんとびっくり!中学生の時の好きな男の子が運転手さんではありませんか!!降りる際に声をかけると、行ってらっしゃい!と笑顔で返してくれました。
心がほんわかした思い出です(^^)

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
静鉄の電車
ニッキー様
下の息子が年少さんの4歳の頃に清水に引っ越ししてきました。 家が線路の目の前にあるため、 いつでも電車が見える環境になり... 続きを読む

静鉄の電車

ニッキー様

下の息子が年少さんの4歳の頃に清水に引っ越ししてきました。
家が線路の目の前にあるため、
いつでも電車が見える環境になり、電車が大好きな息子は大喜び!
電車が通る音を聞いてはベランダにダッシュするも、電車は通り過ぎた後。。。
何度も、電車を見ようと試みるも難しく。。。
どうしても電車が見たい息子は、ベランダに居座るようになり、
気付けば1日の大半をベランダで過ごすように。
静鉄の電車は、種類も豊富で見ていて飽きなかったようです。
今では、電車の通る音だけで“静鉄”か“JR”かを判別出来るほどに♪

もちろん、毎年やる電車まつりも毎回参加させていただいています。
あと、何年一緒に楽しめるかわかりませんが、子供とのステキな想い出はこれからも増えそうです。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
静鉄バス
コロッケ様
息子が6歳のときに、少し離れたイベント会場まで、静鉄バスに乗って行きました。その頃はトミカが大好きだったので、静鉄バスの... 続きを読む

静鉄バス

コロッケ様

息子が6歳のときに、少し離れたイベント会場まで、静鉄バスに乗って行きました。その頃はトミカが大好きだったので、静鉄バスのミニカーを握りしめ、バスに乗りました。バスに乗るまで嬉しくてよく喋っていたのですが、バスに乗った途端、無口に!嬉しすぎて、先頭の高い所の座席に座って、大きなフロントガラスから外を眺め、ただ一点だけを見つめて固まっていました。本当に嬉しくて、固まってしまったのです。
当時を思い出すと今でも心がほっこりしてきます。子供にとってバスは日常ではない、特別な所に来た、特別な乗り物なんだな、と思いました。これからも子供達の夢を乗せて、お仕事がんばってください。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
お誕生日おめでとう
ポッキー様
「静鉄の思い出」と聞いて真っ先に浮かんだのは、長男2歳の頃、静鉄に乗って2人で清水まで出掛けたときのことです。生まれたば... 続きを読む

お誕生日おめでとう

ポッキー様

「静鉄の思い出」と聞いて真っ先に浮かんだのは、長男2歳の頃、静鉄に乗って2人で清水まで出掛けたときのことです。生まれたばかりの長女にかかりきりの私にさみしい思いをしていた長男を見かねた主人が「今日は2人で夕方まで出掛けてきなさい」と言ってくれたのです。私は当時、車の運転もできず正直どうしようかと思ったのですが、お出掛けと聞いてうれしそうな長男を見て、彼の好きなバスに乗ろうと思ったのです。
バスと静鉄を乗り継いで清水まで。1時間くらいの旅でしたが、私にとっては大仕事でした。でも車窓から外を見る長男のキラキラした笑顔を見ていると、これからもがんばろう、と思えたことを昨日の様に思い出します。
今日は長男の9歳の誕生日です。小さくてかわいかったあの頃を思い出し、彼の成長をうれしくもさみしいと思う今日でした。
先日、学校でバスの乗り方教室が開かれ、長男は近々ひとりで乗ってみたいと思っているようです。また一つ成長する彼の姿が楽しみです。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
ステンレスカー
あっきー様
私は、静鉄電車沿線にある幼稚園に毎日母に手を引かれて通っていました。ある日、見慣れぬ銀色の静鉄電車が走ってきました。母に... 続きを読む

ステンレスカー

あっきー様

私は、静鉄電車沿線にある幼稚園に毎日母に手を引かれて通っていました。ある日、見慣れぬ銀色の静鉄電車が走ってきました。母に「あれは何?」と驚いた様子で尋ねると、母は「新型のステンレスカーだよ。」と教えてくれました。今から半世紀近くも前の出来事ですが、ピカピカに光る銀色の車体が幼い私にはとても眩しく見えたのをはっきりと覚えています。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
輝く未来へ
shiotyan様
昭和34年の春、当時小学校6年生(12歳)であった私は両親に懇願し、開業から2年が経過した「日本平ロープウェイ」に初めて... 続きを読む

輝く未来へ

shiotyan様

昭和34年の春、当時小学校6年生(12歳)であった私は両親に懇願し、開業から2年が経過した「日本平ロープウェイ」に初めて搭乗することができました。前方には広大に広がるすばらしい駿河湾の眺望、輝く周囲の新緑など、ウキウキとした何ものにも代えられないあの感覚は今でも忘れられないものです。今後とも、未来ある若者に、勇気や希望を抱かせるような有意義な事業を引き続き展開されることを願っております。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
小さかったころの夏休み
shimo様
まだ私が幼稚園の年中から小学生の低学年の頃、夏休みに家族と行くヤングランドが楽しみでしょうがない時がありました。静鉄電車... 続きを読む

小さかったころの夏休み

shimo様

まだ私が幼稚園の年中から小学生の低学年の頃、夏休みに家族と行くヤングランドが楽しみでしょうがない時がありました。静鉄電車に乗って行くのがいつも決まりで、窓にカニさんのシールが貼ってあったのを今でも思い出します。
私の両親は車の運転が出来ず、遠出する時は決まってバスや電車で出かける事が多く、それが嫌で嫌でたまらない時期もありました。
今では私も5人の子供を持つ親になり色々な所に車で出かけるようになりました。
でも、今でも思い出すのは小さかった頃の静鉄電車、銀色の窓にカニさんのシールが貼ってある電車でヤングランドに喜ぶ自分。
やっぱ車にはない良さがあるのかなって思いながら日々過ごしています。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
休みの日
コタ様
エスパルスショップで買い物のあと目の前を通る静鉄電車を息子と眺める。電車を堪能した後は静鉄バスでスタジアムへ。観戦後の迎... 続きを読む

休みの日

コタ様

エスパルスショップで買い物のあと目の前を通る静鉄電車を息子と眺める。電車を堪能した後は静鉄バスでスタジアムへ。観戦後の迎えはネッツトヨタスルガ。静鉄ストアで買い物をし帰路につく。我が家は静鉄建設で立て替え準備。しずてつに囲まれた日常。ありがとう100年。これからもよろしくお願いいたします。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
親から子へ
あらりん様
私が小さい時から、街に行く時は必ず静鉄電車又はバス。お街に行く時に乗れる乗り物でいつもワクワクしました。今はお街に行く時... 続きを読む

親から子へ

あらりん様

私が小さい時から、街に行く時は必ず静鉄電車又はバス。お街に行く時に乗れる乗り物でいつもワクワクしました。今はお街に行く時は自分の子を連れて乗ります。子供も私が小さい時に感じた事を感じ、今日は赤の電車だね、とか、古い電車だからレアだね、とか親と子を繋いでくれる乗り物なんだなと。いつか孫にも繋がって同じ事を感じてくれたらいいな。私の中で静鉄さんの乗り物は一生の思い出に残ります。

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る
子どもたちの「初めて」は静鉄で
レイ様
「静鉄」と言えば、我が家の子どもたちの「初めて」には欠かせない存在。 初めてバスに乗ったのは家から静岡駅までの静鉄バス。... 続きを読む

子どもたちの「初めて」は静鉄で

レイ様

「静鉄」と言えば、我が家の子どもたちの「初めて」には欠かせない存在。

初めてバスに乗ったのは家から静岡駅までの静鉄バス。
バスに乗りたくて乗りたくて、バスに乗るためにわざわざ駅まで買い物に行きました。

初めて電車に乗ったのは新静岡駅からの静鉄電車。
静鉄電車のラッピング車両は子どもたちのお気に入り!
まるちゃん号が走ってくると大喜びです!

初めて映画を観たのは新静岡セノバ。
家族で観に行っていた映画も、最近は友達同士で行くように…

子どもたちだけでは無く、千葉から嫁いできた私が静岡で最初に買い物したのも、今思えば しずてつストア。

我が家と「静鉄」は「初めて」の思い出がいっぱい!

それだけ「静鉄」に囲まれた生活をしているということですね!

今では「初めて」から「いつもの」として私達の生活には欠かせない「静鉄」になっています。

これからもずーっとお世話になります。
「静鉄」さんいつもありがとう!

このエピソードをシェアする
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート
  • LINE 送る